ペニス増大サプリで短小を克服したい!

まず、短小の定義から始めましょう。身長の高い人、低い人、太った人、痩せた人がいるように、男性のシンボルであるペニスにも個体差があります。身長が20cm違うからといって、ペニスのサイズが10cmも違うことはまずありません。許容範囲内です。

 

ただし、勃起時のペニスのサイズ極端に小さく、医学的な治療が必要と認められるケースを「マイクロペニス」と呼称します。アメリカの基準では、成人で94mm以下とされています。ざっくりとまとめてしまうと、勃起時のペニス長が10cm未満の場合は、短小の範囲に入ります。増大サプリの出番です。ちなみに平常時は8cm程度が平均のようです。平常時だと平均の半分程度しかありません。

 

日本人のペニスの平均長は13cmと述べてきましたが、ほとんどの人は12〜15cmの範囲内に分布しています。また、ペニスは骨盤に靭帯で固定されていますので、下腹部に脂肪がついていると、身体の外部に露出している部分が少なくなり、見た目のペニス長が短くなります。ダイエットにより脂肪を落とし、露出部分を増やすことで、増大サプリと同じ効果を得られるケースもあります。

 

ここでもっとも重要なのは、女性を喜ばせることができる、実用的なペニスの最低サイズはどのくらいなのかがあります。これは、女性の膣がどこまであるのかが関係してきます。ペニスに個体差があるように、膣にも個体差があり、いちばん奥までの長さは7〜10cm程度という調査結果があります。

 

従いまして、ペニス長は勃起時に10cmもあれば、十分に実用的であるということが証明されました。加えて、彼女がもっとも快感を感じる体位、前戯・愛撫等を工夫すれば、ペニスの大小はあまり問題になりません。

 

とは言うものの、男に生まれたからには、立派なペニスを持ちたいと思います。目指せ15cm!ということで、増大サプリのお世話になりたいと思います。