始まりはバイアグラ

ペニスのサイズにコンプレックスを持っているのは、日本人のような小柄な黄色人種に多く、大柄な欧米人はみんなそれなりに立派な持ち物を持っていると思っていませんか?それは、大きな勘違いです。むしろペニスコンプレックスに悩む欧米人が多数いたために、増大サプリが研究、開発されてきたのです。

 

その発端があの有名な「バイアグラ」です。

 

バイアグラはアメリカの製薬会社ファイザーが開発したED(勃起不全)治療薬です。ファイザー社では、狭心症治療薬として臨床試験をしているときに、このバイアグラが患者のペニスを勃起させることに気づきました。そこで、方針転換して、勃起不全治療薬として、バイアグラをリリースしました。

 

バイアグラの主成分はシルデナフィルという物質で、血流を促進させ血圧を下げることを目的(狭心症対策)としていましたが、ペニスで血流がアップし勃起してしまう現象が起きました。そして勃起不全解消と同時に、血流アップでペニスサイズも大きくなることが確認されました。この「血流促進」がキーワードとなり、増大サプリの開発に弾みをうけることになりました。

 

なぜか?それは欧米人にもペニスコンプレックスがあり、需要が豊富にあったからです。欧米人=巨根というイメージがありますが、わたしたちが思うほど大きくはないようです。ある医療機関のデータではアメリカ人の平均ペニス長は日本人の13.0cmを下回る12.8cmとあります。人種のるつぼのアメリカ社会なので、巨根も短小もたくさんおられると思いますので、データ的にはどうかな?とも思いますが。

 

増大サプリはバイアグラの開発を境に、急速に発展しており、今なお進化し続けています。それほど、世の中の多くの男性がペニスサイズに悩んでいるということです。お悩みでしたら、ぜひ、増大サプリをお試しください。