増大サプリと靭帯剥離術

ペニス増大法には、増大サプリの他にも手法があります。ここでは、器具を使用したトレーニングや外部からの施術法をご紹介したいと思います。

 

靭帯剥離術とは、ペニスの根元を切開し、文字どおり恥骨と連結した靭帯を切剥がして、見た目の長さを大きくする手法です。基本的には体内に埋もれた部分を外科手術で無理矢理引き出す方法ですので、ペニス長大効果は埋没している部分の長さにより異なります。一般的には3〜5センチ程度と言われています。

 

ペニスを固定している靭帯を切り剥がすわけですから、場合によっては勃起してもペニスは下を向いたままということも考えられます。セックスのときは手でペニスを支えてあげないと役立たずになることもあります。

 

またペニス自体の大きさは変わりません。今まで体内に埋もれていた部分が露出するだけですので、勃起時も埋もれていた分しか長くなりませんので、過剰な期待は禁物です。

 

費用対効果、外科手術のリスクを考えると、おすすめできる方法ではありません。また「靭帯剥離でペニス増大を行うのでしたら、一緒に包茎も治療しましょう」と言われ、ペニス自体にメスを入れてしまうという話も聞こえて来ます。日本人の70%超が包茎と言われていますので、言葉たくみに良いカモにされてしまうのが関の山です。

 

手術が成功すれば良いのですが、失敗して人には見せられないような傷が残ってしまった事例もあります。ペニスに自信をつけようとして、このようなことになっては、あまり悲しすぎます。

 

まずは、リスクの少ない増大サプリからはじめてはいかがでしょうか。